Last Updated on 12-29-2023

MRTの終電や終バスに乗るために、パーティーやイベントを深夜12時前に切り上げなければならなかったこと、ありませんか?これは不愉快な経験かと思います。実は、私の人生の一部なのですが…。電車やバスに乗り遅れないように、急いで出勤しなければならなかったこと、ありませんか?これもまた不愉快な出来事ですね。台湾では、深夜0時や1時を過ぎると、電車やバスなどの公共交通機関が運行停止となります。そのため、タクシーが通り過ぎるのを待ちながら道端で待つことが多いです。しかし、便利な方法もあるんですよ。台湾では、電話やアプリを使ってタクシーを呼ぶことができるんです。また、Uberのようなサービスも存在します。この記事では、台湾でタクシーを利用するさまざまな方法と、台湾のタクシー文化についてご紹介します。

台湾の認可タクシーを見分ける方法

まず、最も重要な疑問のひとつ、台湾の認可タクシーの見分け方から始めましょう。台湾に来る前に、インターネットで検索したり、誰かが台湾のタクシーは黄色だと教えてくれたりしたかもしれません。しかし、免許を持ったタクシードライバーを見分けるには、それだけでは不十分です。黄色い車すべてがタクシーというわけではありません。免許を持ったタクシーを見分けるには、次のような方法があります:

  • 明るい黄色の車
  • 車の幌にタクシーの標識がある
  • タクシー運転手の免許証がフロントシートとリアシートに表示されている
  • タクシー料金は、運転手の横に見えるメーターで決まる
  • 白いナンバープレートに赤で車両識別番号が書かれている
トヨタ・ウィッシュ・タクシー
トヨタ・ウィッシュ・タクシー

出典:Rutger van der Maar

台湾のタクシー料金

台湾のタクシー料金は他の公共交通機関と比較すると、高いとされることがありますが、他の国のタクシーと比較すると比較的安いと言えます。台湾では、タクシーは通常最大で4人を乗せることができます(場合によってはそれ以上の場合もありますが、運転手の判断によります)。運賃は地域によって若干異なりますが、一般的にタクシー料金はメーターによって計算されます。

台湾のタクシー料金は、台北市内を除いては郊外や山間部で若干異なることがあります。昼間は、最初の1.25kmで70元、その後200mごとに5元が加算されます。夜間の料金は、夜11時から朝6時まで適用され、元の料金に夜間料金として追加の20元が加算されます。旧正月期間中は、昼間にタクシーを利用すると夜間料金が適用され、夜間に利用する場合は更に追加料金(最大40元)が発生することがあります。

ほとんどのタクシーは現金の支払いのみを受け付けるため、必ず現金を用意しておくことが重要です。現金が不足している場合は、近くのコンビニエンスストアで現金を引き出すことができます。ただし、一部のタクシー会社ではクレジットカードが利用可能です。これらのタクシー会社は、VISAやMasterCardのステッカーが窓に貼られていることが多く、また台湾悠遊カード(Taiwan EasyCard)でも支払いができます。他の都市へタクシーで移動する際には、料金が通常のメーター運賃と異なる場合があるため、運転手と相談することが必要です。

台湾でのタクシーの乗り方

まず、伝統的なタクシーの呼び方についてですが、道路の脇に立ってタクシーを待つ方法が一般的です。しばしば何台かのタクシーが待機していることがありますが、ほとんどのタクシー運転手は中国語を話すため、目的地までの指示は中国語で行う必要があります。ただし、言葉の壁がある場合、コミュニケーションが難しいこともあります。確かに、誰もがそのような状況を避けたいと考えるでしょう。そのため、私たちはもちろん、より簡単な方法を選択します。現在、台湾でタクシーを利用する方法は、以下で詳しく説明するアプリを使用することです。

台湾の重要なタクシー会社

台湾で重要なタクシー会社とアプリを紹介します:

AVIS

AVISは、他のタクシーアプリとは異なる運転手付きサービスを提供しています。このサービスは、旅程が確定している外国人出張者に特に向いています。予約は出発の24時間前までに行う必要があり、ドライバーは英語を話すことができ、乗車中も明確なコミュニケーションが取れるでしょう。高級セダンからMPVなど、幅広い車種からニーズや好みに合わせて選ぶことができます。

AVISの運転手サービスを利用すれば、目的地まで安心して便利に移動できます。市内観光、空港送迎、ポイント・ツー・ポイントのサービスなど、AVISの運転手サービスは安全でリラックスした旅をお約束します。

t032 2
AVIS X mrhost、出典:mrhost website

Tripool

最初に「Tripool」を選んだ理由は、その高い利便性です。アプリ「Tripool」を使用すれば、台北市内はもちろん他の都市でも、どこへ行くにも簡単にタクシーを呼ぶことができます。また、出発の前日正午までなら全額返金されるキャンセルフリー・ポリシーもあります。タクシーに乗る前には、料金の目安を確認することができます。Tripoolはクレジットカード、Apple Pay、Google Payでのオンライン決済にも対応しています。友達や家族と一緒に出かける場合は?小型車から大型車まで、お好みのタイプを選ぶことができます。ペット同乗可能なタクシーもあり、追加料金はかかりません。出発前日の午後8時までに、ドライバーの名前、電話番号、ナンバープレート、車種などの情報がメールとテキストメッセージで提供されます。

tripool ロゴ
tripool ロゴ、出典:tripool Facebookページ

台湾タクシー55688

台湾タクシーは台湾最大のタクシー会社です。2005年に設立され、現在では台湾全土で10,000台以上のタクシーを運行しています。また、台北タクシー交通サービスからは7年連続で「優秀賞」を受賞しています。同社はテクノロジーを活用して、私たちにより良いサービスを提供しています。タクシーを呼ぶ際には、携帯電話で55688をダイヤルし、英語サービスを選択するだけです。通話料は通常でNT$0.1/秒です。自分の現在地と目的地を伝えれば、迎えの車が手配されます。

また、携帯端末にアプリをダウンロードし、GPSをオンにして目的地を入力し、「タクシーを呼ぶ」をクリックすることで、いつでも簡単にタクシーを呼ぶことができます。

台湾タクシー55688
台湾タクシー55688

出典:台湾タクシーFacebookパージ

台湾メトロタクシー55178

台湾メトロタクシーも台湾タクシーと同様に利用可能です。タクシーを呼びたい場合は、55178にダイヤルして予約を確認します。また、アプリをダウンロードすれば、希望の車種を選択でき、様々な支払い方法が提供されています。ただし、英語版のアプリがないという点が難点と言えます。

台湾メトロタクシー55178
台湾メトロタクシー55178

出典:台湾メトロタクシー55178

Find Taxi

Find Taxiアプリでは、ホーム画面にて「空港ピックアップ」、「タクシー予約」、「近くのタクシー」など、全ての機能が分かりやすく表示されます。さらに、禁煙タクシー、KTV付きタクシー、男性ドライバー、女性ドライバー、日本語がわかるドライバー、英語がわかるドライバーなど、タクシーの特徴も選択することが可能です。これは外国人にとって非常に便利です。もし乗車中に運転手との会話が避けたい場合は、その旨を伝えることもできます。

TaxiGo X LINE Taxi

2017年に設立されたTaxiGoは、後に社名をLINE Taxiに変更しました。台湾の広範囲にわたり高品質な車両を提供しています。台湾で最も利用されているアプリの一つであるLINEを活用しており、台湾に到着したら必ずダウンロードすることをおすすめします。

LINEタクシーを利用する際には、LINEアプリを使用するだけでOKです。まず、「友だち追加」をクリックし、「LINEタクシー」を検索します。その後、LINEのチャットボットにアクセスして、現在地と目的地を入力すればタクシーを呼ぶことができます。チャットボットを通じて、運転手とのコミュニケーションや乗車後のレビューの書き込みも可能です。

支払い方法も充実しており、デビットカードやクレジットカード、LINE Pay、Apple Pay、Google Payなどを利用できます。2017年の初登場時には、台北のタクシー旅客サービス業から「配車サービス品質評価」の優秀賞を受賞している実績もあります。

Yoxi タクシー

Yoxiタクシーは2020年に設立され、車のドアには赤いデザインが施され、車の幌には”Yoxi”と書かれているため、一目で識別することができます。このタクシーは台湾で広く認知されており、一般的になりつつあります。Yoxiアプリをダウンロードすれば、先に紹介した他のタクシーサービスと同様に、簡単にタクシーを呼ぶことができます。

その他にも、クラウンタクシー、タクシーゴーなどの様々なタクシー会社が存在します。これらのタクシー会社を利用することで、台湾のあらゆる場所を自由に探索することができます。各タクシー会社は異なる特長やサービスを提供しているかもしれませんので、自分に合ったオプションを選んで、快適な旅を楽しんでください。台湾の素晴らしい観光スポットや文化を体験するために、さまざまな方法を試してみることをお勧めします。

台湾ウーバー

タクシー以外に、台湾ではウーバーを利用することもできる。ただし、政策上の問題もあり、Uberは台湾のどこでも利用できるわけではない。メリットとしては、Uberは国際的なアプリなので、もしかしたらすでに携帯電話にダウンロードしているかもしれない。ご存知の方も多いと思うが、UberはUberX、Uber Green(環境に優しいUber)、UberXL、Uber Petなど、好きな車種を選ぶことができる。使い方はいたって簡単。GPSをオンにして、場所を選択するだけです。概算料金が表示されるので、それでOK!

台湾のタクシー文化は独特なものがあります。他の国と同様に、台湾でも独自のタクシー文化が存在します。例えば、台湾ではチップを渡すことは必要でなく、また期待されていないため、運転手にチップを渡さなくても大丈夫です。現金で支払う場合、運転手は一般的にNT$1,000札のおつりを持っていないため、支払いはNT$100かNT$500札で行うことが重要です。台湾のタクシー文化は他の国と異なる特異性があります。運転手は一般的に顔見知りのような印象を受けるかもしれません。運転中に他の運転手と手信号を交わしている光景を見かけても驚かないでください。

通常、運転手はどんな音楽を聴きたいかを尋ねてくることがあります。お好きな音楽をかければ、彼らも一緒に楽しむことがあります。過去には、あるタクシー運転手が乗客が歌うことに同意した場合、割引を提供するという斬新なアイデアが国際的なニュースになったこともありました。車内に入ると、マイクとiPadが渡され、好きな曲を歌詞付きで楽しむことができます。歌わなければ割引は適用されないというルールです。彼は「将来のスーパースターになるために皆をトレーニングしている」と冗談を言っています。台湾ではチップは一般的ではありませんが、このユニークな取り組みによって、通常よりも多くのチップが支払われることがあります。幸運なら、台湾滞在中に彼のタクシーに乗ることができるかもしれません。

外国人のための重要なヒント

先程、タクシー会社には英語が話せる運転手がいる場合もありますが、必ずしも英語が流暢であるとは限りません。そこで、知っておくと便利な情報をいくつか紹介します。:

  • 道端でタクシーに乗る際は、英語が通じない運転手に出くわす可能性があるため、住所を中国語で書いてもらうことをお勧めします。
  • タクシーを呼ぶ際に困った場合は、近くのコンビニに行って店員に頼めばいつでもタクシーを手配してもらえます。その際、紙に車の絵を描いたりして、一生懸命説明することが必要です。
  • 前にも述べたように、タクシードライバーはクレジットカードやデビットカードが使えない可能性があるため、常に現金を持ち歩くことが大切です。
車椅子タクシー
車椅子タクシー、出典: DSC_0691

よくあるご質問(FAQ)

タクシーの運転手が、乗車料金を割引してくれる代わりに歌うようにお願いされたら、あなたは歌うつもりですか?

Scroll to Top