Last Updated on 12-29-2023

仕事などで初めて台湾に移住する際、外国人として台湾で車を運転することに疑問が生じるかもしれません。この場合、母国の運転免許証を使用できるのか、それとも台湾の運転免許証を取得する必要があるのかについて確認が必要です。

ほとんどの場合、初めて30日または60日間の観光ビザで台湾に到着する際は、台湾の運転免許証を取得することは難しいかもしれません。そのため、運転する場合は国際運転免許証を使用する必要があります。ただし、滞在期間がそれ以上になる予定であれば、台湾の運転免許証を取得することをお勧めします。

台湾で運転を始める際には、適切な書類の用意が必要です。この記事を通じて、母国の運転免許証を台湾の運転免許証に変換する方法や、国際運転免許証を使用して台湾で運転する手順について理解することができるでしょう。初めての台湾での運転に関する情報をしっかりと把握することで、安全でスムーズな移動を楽しむことができます。

台湾での運転免許取得方法

自国の運転免許証をお持ちの場合、以下の2つの方法があります:

自国の免許証を台湾の免許証と交換

台湾の運転免許証があなたの国で有効であれば、あなたの運転免許証も台湾で有効です。これらの協定はすべて、DMV(Department of Motor Vehicles)の公式ウェブサイトに地域別に掲載されています。台湾到着後30日間は、運転免許証を使って台湾で運転することができます。

台湾の免許証と交換する場合、以下の書類を台湾の陸運支局に持参してください:

  1. パスポートの原本とコピー(有効期間が6ヶ月以上必要です)。
  2. 2年以内に撮影した1インチのカラー写真3枚(背景は白)。
  3. 有効期限が6ヶ月以上の外国人登録証(ARC)。
  4. 有効な海外の運転免許証とそのコピー。
  5. 運転免許登録用紙。
  6. 認定病院での健康診断書。
  7. 出入国記録証明書(パスポートにスタンプが押されているもの)。
  8. 申請手数料NT$200。

注:免許証の原本が英語または中国語以外の言語で発行されている場合は、中国語に翻訳し、台湾の台北駐在員事務所で確認してもらう必要があります。台湾の運転免許証は取得後、3年間有効です。

e7p7vob1BfmEPVfEG7c sKUO5c1F aVuOHmZWohu hTO 2KMR nmyfnDf2vXk uB5bwYa2zPZJG0vJVW OXpXnaiw 2VIWx
出典:TTstudio

国際運転免許証の申請

台湾での滞在が1年以内で、既に母国の免許証をお持ちの方は、国際運転免許証を申請することができます。状況によっては、渡航前に自国で手続きを行うか、台湾の駐在員事務所で手続きを行う必要があります。それ以外の場合は、台湾の陸運局で登録手続きを行うことが必要です。

必要な書類は以下の通りです:

  1. 有効期限が6ヶ月以上の外国人登録証(ARC)。
  2. パスポート(有効期間が6ヶ月以上)の原本とコピー。
  3. 2インチのカラーパスポート用写真3枚。
  4. 運転免許証。
  5. 申請料NT$250。
akNZv CkyCPQCcaIfgE1GDV3wTkyEXiP8wbQ22nuIqUpbF4
出典:Alexlmx

台湾のレンタカー

台湾でレンタカーを借りることは、台湾を探索するための実用的な方法の一つです。自分のペースで自由に散策し、台湾の魅力を見つけることができます。レンタカーを利用することで、人気の観光スポットである太魯閣峡谷などにも簡単にアクセスすることができます。

レンタカーの店舗は、ほとんどの空港や主要都市に存在しています。人気のあるレンタカー会社には、IWSレンタカー、Avisレンタカー、台湾iRentアプリなどがあります。レンタル料金は会社によって異なり、1日あたりNT$1,000~NT$3,000程度です。複数日のレンタルや平日の利用には割引が適用されることもあります。

台湾での運転に関する重要な情報

  • 運転席と通行方向: 台湾では運転席が車の左側にあり、車はすべて右側通行です。
  • スクーター文化: 台湾ではスクーターが非常に一般的な交通手段です。大都市を走行する際には、多数のスクーターが見受けられます。
  • 交通カメラ: 台湾の道路にはスピードカメラや赤信号カメラが設置されていますが、ほとんどのGPSシステムはこれらのカメラの位置を知らせ、近づくと警告してくれます。道路にはカメラに注意するための絵が描かれていることもあります。
  • バス専用レーンとスクーターレーン: 大都市にはバス専用レーンやスクーターやバイク専用レーンが存在します。これらの専用レーンを利用する際には注意が必要です。
  • 一方通行とUターン: 台湾の道路は一方通行が多い傾向にあります。Uターンを行う際には注意が必要ですが、うまく対処すれば問題ありません。台北市内では信義路と仁愛路が有名なUターンポイントです。

ボーナス情報:

台湾の道路での注意点として、歩行者としては特に気を付けるべきことがあります。台湾のドライバーは横断歩道を渡っている歩行者に対して注意を払うことが少ない傾向があります。そのため、歩行者としては自分の安全を最優先に考えて行動することが重要です。交差点や横断歩道を渡る際には、信号や交通の流れに注意を払い、十分な確認を行うことが大切です。安全運転と共に歩行者の安全も心掛けて、台湾での移動を楽しんでください。

Scroll to Top