Last Updated on 12-29-2023

台湾に留学するか、仕事をするかにかかわらず、宿泊施設は最も重要な関心事の一つであり、適切に対処する必要があります。外国人が台湾の住宅市場をナビゲートするのは難しいかもしれません。そのため、適切な賃貸物件を見つける方法と、宿泊施設を探す際に考慮すべき要素を知ることが不可欠です。

宿泊施設の種類

台湾には、格安の相部屋から高級ホテルまで、多種多様な長期滞在用宿泊施設が存在しています。最も一般的なタイプの宿泊施設として、以下のようなものが挙げられます:

シェアルーム(雅房)

シェアルームとは、寝室は個室でありながら、キッチンやバスルームなどの共有スペースを他の入居者と共有する賃貸住宅のことです。シェアルームは一般的に、個人でアパートを借りるよりも経済的な選択肢とされており、学生や若い社会人、旅行者に特に人気があります。

ワンルーム(套房)

ワンルームは、リビング、寝室、キッチンが一体となった開放的なスペースを指します。台湾のワンルームの費用は、場所、広さ、設備、家具によって異なります。台湾でワンルームを探す際には、駐車場の有無、セキュリティー、エレベーター、共用ランドリーなど、建物の設備についても確認することを忘れずにしましょう。

ファミリースイート(家庭式套房)

台湾のファミリースイートは、寝室、リビングエリア、キッチンまたはダイニングエリアが独立した広い部屋を指します。家族以外でも、学生同士がファミリースイートに一緒に滞在することがあります。生活費の負担を軽減するだけでなく、学業面でお互いに支え合い、在学中に精神的な支えとなる仲間とのネットワークを築くことができます。

マンスリーホテル(月租飯店)

Silks Club
▲ Silks Club

マンスリーホテル(月租飯店)は、台湾に長期滞在する旅行者に適した個室の選択肢です。賃貸契約の長期化を避けたい場合に利用されます。これらのホテルは、快適で便利な生活環境を提供するために設計されており、無料のWi-Fi、ハウスキーピングサービス、ランドリーサービス、フィットネスセンターなどの設備が整っています。

サービスアパートメント(酒店式公寓)

Forte Green Garden Apartment
▲ Forte Green Garden Apartment

サービスアパートメントとは、ホテルのようなアメニティやサービス(ハウスキーピング、フロントサービス、メンテナンスなど)を提供する家具付きアパートのことを指します。サービスアパートメントは、出張者や家族連れなど、一時的な住まいを必要とする人々にとって特に魅力的です。

以下のレンタルサイトでご希望の宿泊施設をお探しいただけます:

また、短期レンタルやマンスリーホテル、サービスアパートメントに関するオンライン予約は、mrhostを通じて可能です。

台湾で適切な宿泊施設を見つけるためのヒント

外国人が台湾で便利な賃貸物件を探す際に考慮すべきポイントをいくつか挙げてみましょう:

tips
出典:【Freepik, Racool_studio】

場所

留学先や勤務先から遠い宿泊施設を選ぶのはお勧めできません。通勤は多くのエネルギーを消耗し、休息不足や生活の質の低下、生産性の低下を招く可能性があります。MRT(台北メトロ)の駅やバス停などの公共交通機関に近い場所を選ぶことで、毎日の通勤が楽になります。

予算

収入と支出を基に、現実的な宿泊予算を設定しましょう。家賃は月収の30%以下が推奨されており、その他の生活費をカバーし、一定の貯蓄を確保することが重要です。住む予定の地域の平均的な家賃相場を調査し、光熱費、インターネット代、その他の料金も考慮に入れましょう。

設備とアメニティ

宿泊施設の設備や提供されるアメニティも確認しましょう。必要な設備が整っているか、Wi-Fiや洗濯機、エアコンなどが提供されているかを確認します。また、建物内にコンビニエンスストアやレストランがあると便利です。家具のないアパートを借りる場合、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどの家電製品を購入する必要が出てくることがあります。同時に、家主によっては、追加料金を支払うことでこれらの家電製品を提供してくれる場合もあります。

安全性とセキュリティ

住む場所の安全性やセキュリティにも気を配りましょう。周辺地域の治安や、建物のセキュリティ対策(エレベーターカード、監視カメラなど)を確認しておくことが重要です。

直接宿泊施設を訪問

宿泊施設を実際に訪問する際には、直接訪問するためのアポイントを取ることが不可欠です。窓の位置、遮音性の程度、設備の状態、臭いの有無など、実際に現地を見て確認することが重要です。

契約条件

賃貸契約の条件や期間、退去に関する規定などを注意深く確認しましょう。契約内容を理解し、不明点があれば質問して明確にすることが大切です。

これらの要素を注意深く考慮することで、外国人は台湾での滞在をより快適で楽しいものにすることができます。自身のニーズに合った適切な宿泊施設を見つけるために、実際に足を運び、細部まで確認することが大切です。

外国人が賃貸契約を結ぶ前に知っておくべきこと

家主と賃貸契約を締結する前に、覚えておくべき要点がいくつかあります:

Content
出典:【Freepik, pressfoto】

法的要件

台湾では、家主は賃貸物件を地方自治体に登録する必要があります。大家の登録状況を確認してください。悪質な家主による転貸のリスクもあるため、家主の身元確認や物件の所有権、転貸の許可書、行為許可書、賃貸の合法性などを事前に確認しましょう。

ハウスルール

貸主はハウスルールを定め、借主に遵守させる権利があります。文化的な習慣やルールを理解し、将来のトラブルを回避するためにも、家主とのコミュニケーションが重要です。台湾の文化では敬意と礼儀を重んじることが大切ですので、隣人や家主に対しても丁寧で思いやりのある態度を心がけましょう。

賃貸借契約

台湾の賃貸契約書は一般的に中国語で書かれているため、もし中国語が理解できない場合は、署名前に信頼できる友人や弁護士に契約書を確認してもらうことをおすすめします。また、家主は外国人に対してパスポートや滞在許可証などの身分証明書の提示を求めることがあります。さらに、信頼性を示すために雇用主や学校からの保証を求める場合や、家賃滞納のリスクを減らすために保証金を増額する場合もあります。これに対して適切に対応しましょう。

台湾で賃貸住宅を借りることは、現地の文化や生活に深く浸るチャンスであり、実り多い経験となるでしょう。しかしながら、外国人が台湾で賃貸住宅を借りる際には、言葉の壁や文化の違いなど、様々な困難が生じる可能性があります。そのため、外国人はどのような状況にも適切に対応できるよう、十分な準備を整えておくことが重要です。

Scroll to Top