Last Updated on 12-29-2023

台湾は2023/03/20より、0+7の自主防疫が撤廃されました。軽症、あるいは無症状の場合は届出・隔離が不要となり、公共交通機関を利用することができます。

最新の台湾へ入国検疫対策(本対策は2023年3月20日より行われます)

中央流行疫情指揮センターは3月20日、入国検疫政策の再緩和を発表しました。これにより、自主健康管理(0+7)が廃止され、また1人1室の条件も撤廃されました。これにより、宿泊先を自由に選択することが可能になります。

取消07

台湾へ入国検疫対策(本対策は2023年3月20日まで)

中央流行疫情指揮センターは10/13に、入国検疫政策を0+7自主防疫に再緩和しました。入国者は在宅検疫を受ける必要はなく、 7日間の自主防疫を実施するだけでよく、公共交通機関を利用することができます。また、ホテルで自主防疫を実施することができます。

0+7入国政策(10月13日発行となる)

ja001 03

0+7自主防疫政策は、在宅検疫と追跡メカニズムを停止し、入国者が公共交通機関を利用することができるようになります。

ja001 10 ja

0+7自主防疫政策は、入国者が自宅、または条件を満たすホテル、親族や友人宅などで、1人1部屋の状態で自主防疫を実施することを要求します。

ja001 11 ja

10/13以降、0+7自主防疫期間中に症状が出た場合にのみ簡易検査が実施されることになっています。

0+7入境政策は10月13日に実施されることが確認されました。インバウンドの乗客は、防疫ホテルに滞在する必要はありませんが、それでも7日間の自主防疫を実施する必要があります。

0+7入国防疫政策ガイドライン

  1. 毎週の入境者数上限:試験的に原則延べ15万人/週に引き上げる。
  2. 検疫日数・場所:入境日を0日目として、「7日間自主防疫」に緩和する。
    1. 在宅検疫が解除され、感染の兆候がなければ、防疫ホテルに滞在する必要はない。
    2. オンライン申告入国検疫制度が廃止され、台湾の携帯電話番号の登録が不要になった。
    3. 入境健康声明・在宅検疫通知書」の発行を廃止する。
    4. 追跡メカニズム、関連する電子監視手段、および在宅検疫のための健康管理メモを停止する。
  3. 自主防疫期間中に遵守するべき防疫規定:
    1. 検疫場所は、1人1室(独立したトイレ・浴室付き)の条件を満たす個室を有する自宅・親族・友人宅或いはホテルに滞在可能。
    2. 重症化のリスクが高い者(65 歳以上、6 歳以下、免疫不全及び免疫力が低下している者など)との接触を避けてください。
    3. 症状のある患者が自宅で休んでいて、無症状で、外出前2日以内の家庭用簡易抗原検査キットによる陰性結果をもって、外出や出勤や登校ができ、全行程マスクを着用してください。
    4. 食事をする場合はレストラン内で一人で、或いは特定の対象者と食事をすることができます。離席時と食事後すぐにマスクを着用してください。外出時に食事が必要な場合は、マスクの着用を一時的に避け、使用後すぐにマスクを着用してください。
    5. 病院への付き添い、面会は禁止。緊急でない場合は診療や検査を延期し、ケア施設(高齢者施設など)への入所を避けることをお勧めします。
    6. 感染確認された軽度の症例は、強化された防疫ホテル/集中検疫センター、または元の自主防疫場所(一般的なホテルを除く)で在宅ケアができる。
  4. 検査:
    1. (一)入境時には家庭用簡易抗原検査キットを配布しない。
      ※現在は家庭用簡易抗原検査キットが広く流通しているため、3月1日から空港や港湾での配布は廃止となりました。
  5. 検査のタイミング
    1. 2月7日より、「自主防疫」対象者は症状が現れたときにだけ家庭用抗原検査キットで検査を行い、「自主防疫」の場所で休養するよう改めた。
    2. 自主防疫期間中に症状があるとき。
    3. 検査結果は追跡しないため、簡易検査の結果が陽性であれば公表されている自主防疫ガイドラインに従うこと。
  6. 交通手段:
    1. 入境前14日以内に新型コロナウイルス感染症が疑われる症状がある旅客は、入境時に疾病管制署の空港・港湾の検疫職員に自発的に申告し、検疫職員の評価に基づき、国際空港・港湾又は病院での検査に協力し、防疫車両を優先する。
    2. 無症状の旅客は、公共交通手段を利用可能
  7. 査証免除措置を実施していない国に対して、「一般的な社会訪問」及び「観光」目的での訪台査証申請を再開します。また、団体旅行客の制限措置も廃止する。

最新0+7検疫政策 よくあるご質問

家族と同居 よくあるご質問

中国から台湾へ入国 よくあるご質問

14150

香港・マカオ住民の台湾への個人旅行、2/20に解禁へ

台湾は2/20に、香港・マカオの居住者に対し、台湾への個人旅行を許可し、5人制限を撤廃しました。また、香港・マカオの居住者に対して「臨時停留許可」のオンライン申請を再開しました。

0+7自主防疫ホテル

10/13以降、入国者は0+7自主防疫を実施することで、公共交通機関を利用でき、自宅、親族や友人宅、またはホテルで自主防疫を実施することができます。

しかしながら、mrhostは、自主防疫のためにホテルを予約する旅行者が多数いるため、希望のホテルを予約することが困難であることを観察しています。このポリシーには、一般的なホテルでも0+7自主防疫を実施することができる旨が規定されていますが、ホテル側の事情によっては入国者を受け入れない場合もあります。

そこで、mrhostでは、0+7自主防疫の旅行者が利用できるホテルをリストアップし、自分のニーズに合ったホテルを探すことができるようにサポートしています。

「在宅検疫」と「在宅隔離」の違いとは?

  • 在宅検疫(home quarantine)
     海外から入国する場合、中央流行疫情指揮センターはすべての人が3日間の自主検疫に協力することを求めています。ただし、実際の検疫日は自主検疫通知に基づいて決定されます。つまり、自主検疫通知に記載されている期間が実際の検疫期間となります。
  • 在宅隔離(home isiolation):
     濃厚接触者の場合、地元の保健当局は、「自宅隔離通知」を発行し、保健ユニットの指示に従って自宅隔離を行うよう指示します。

隔離期間中に感染確認の対応

自宅検疫中に体調がすぐれず、簡易検査で陽性となった場合は、速やかに保健局または専用のコールセンターである「1922」に連絡し、指示に従う必要があります。

空港から宿泊先まで行き方、タクシー代

ja001 06

Tripool防疫専用车予約サービス

Tripoolは、台北、新北、台中、新竹、苗栗、台南、彰化、高雄、屏東などの地域で、プロの、安全な、禁煙のドライバーをいつでも提供しています。空港から宿泊先に直接行くこともできます。

Tripoolのウェブサイトでは、予約前に運賃を見積もることができます。料金は合計金額として表示され、旅行の費用がすぐにわかります。

  1. 価格は透明性があり、隠れた料金はなく、追加の購入がない限り、表示された料金が最終的な金額です。
  2. シャトルサービスは、台湾全土で24時間いつでもご利用いただけます。
  3. キャンセルや変更は、出発前日の正午まで無料で受け付けており、お急ぎの場合を除きます。
  4. 前日の夕方5時までに予約を完了することをお勧めします。

*注意:飛行機が着陸してから1~1.5時間後にピックアップサービスを予約することをお勧めします。ドライバーは30分間無料で待機します。

「在宅検疫/自主防疫」と英語で言い方

  • 在宅検疫:home quarantine
  • 在宅隔離:home isolation
  • 防疫ホテル:quarantine hotels
  • ソーシャルディスタンス:social distancing
  • 自主健康管理:self-health management
  • 自主防疫:self-initiated epidemic prevention​
Scroll to Top