Last Updated on 12-29-2023

台湾は2023/03/20より、0+7の自主防疫が撤廃されました。軽症、あるいは無症状の場合は届出・隔離が不要となり、公共交通機関を利用することができます。

中央流行疫情指揮センターは3月20日、入国検疫政策の再緩和を発表しました。これにより、自主健康管理(0+7)が廃止され、また1人1室の条件も撤廃されました。これにより、宿泊先を自由に選択することが可能になります。

取消07

隔離解除の条件 (3/20更新)

新型コロナウイルスに関する注意喚起:コロナ軽症者の隔離が不要に

3月9日、中央流行疫情指揮センター(CECC)は、国内外の感染状況の鈍化等(①国内の感染状況が落ち着いており、2月から防疫措置を緩和しているが大きな影響が出ていないこと。②集団免疫力が高まるにつれ、強制隔離によって人々の自由を制限する必要性が弱まったこと。③医療側の症例届け出の負担を軽減するため。④国際的な防疫措置の方向を一致させるため。)に基づき、感染状況が安定している場合、2023年3月20日(検査日)より「新型コロナウイルス感染症」の届け出に関する定義を調整すると発表しました。COVID-19合併症(中重症)の条件を満たす場合は届け出・隔離を行い治療を受ける必要がありますが、軽症あるいは無症状の場合は届け出・隔離が不要となります。ただし、軽症あるいは無症状の場合でも「0+n」の自主健康管理を実施することが推奨されており、自主健康管理期間中に簡易検査で陰性となった場合、あるいは発病日もしくは陽性となった日から満10日間経過した場合には、自主健康管理が解除となります。

  • 軽症者
    • 届け出や隔離が廃止となり、自主健康管理を実施することが推奨される。
    • 従来の医療モデルで対面診療を実施し、引き続き公費で抗ウイルス薬と台湾清冠一号を処方する。(山間部、島嶼部のみオンライン診療を引き続き実施)
    • 新たな調整のポイント
      • 「5+n」から「0+n」へ。隔離義務を廃止し、今後は自主健康管理のみとする。
      • 症状がある場合は自宅で休息し、必要時以外は外出を避ける。無症状あるいは症状が緩和(解熱後少なくとも1日)した後は外出可能。また、簡易検査で陰性になるまで、或いは検査で陽性となった日から満10日経過するまでは自主健康管理を実施する。
      • 外出時は全行程でマスクを着用する。
      • 重症リスクがある者(65歳以上の高齢者、妊婦、慢性疾患あるいは免疫不全/免疫低下の既往歴がある者等)は、できるだけ早く医師の診療を受け、抗ウイルス薬を処方してもらう。
      • 「0+n」の自主健康管理はガイドラインであり、罰則はない。
  • 中等症・重症
    • 合併症(中重症)がある場合は届け出し、多角的なモニタリングを行い、症状の変化を常に把握する。
    • 病院内の患者と医療従事者を守るために、入院患者のリスクの高さに応じて入院時の適切な防護措置をとる。
    • 新たな調整のポイント
      • 「感染時は届け出」から「合併症(中重症)がある場合のみ届け出」へ。
      • 検査の結果陽性で、かつ酸素療法を必要とする肺炎やその他の合併症により入院(救急病床を含む)や死亡した場合のみ、医療従事者による届け出が必要。

コロナに感染している可能性があるかどうかはどうすればわかりますか?

 現在、感染を検出する方法には、抗原(鼻・唾液)検査キット、またはPCRの2つの方法があります。

抗原(鼻・唾液)検査キット

 民衆は薬局で抗原検査キットを購入し、ご自身で鼻・口腔検体による抗原検査キットを行うことができます。
 抗原検査キットは、「鼻スワブ」または「口腔」を使用してサンプルを収集し、ウイルスタンパク質を検出してコロナに感染しているかどうかを判断します。ただし、偽陽性と偽陰性の可能性はまだあります。
 抗原検査キット結果は、陰性か陽性かをすばやく(約15~30分)知ることができます。

PCR

 在宅での抗原検査キットによる迅速な検出と迅速な結果に比べて、PCRは時間と労力がかかります。
 PCRは鼻/口のサンプルも収集しますが、検査手順はより専門的であるため、専門家が機器を操作する必要があります。したがって、公衆は専門家によって収集されるためにコミュニティの収集および検査機関に行き、サンプルを専門の検査機関に送ってPCRを行う必要があります。
 PCRの結果が陰性か陽性かを知るには数時間かかるため、防疫担当者は民衆に家に帰って通知を待つように依頼します。

コロナ感染確認の定義 – 簡易検査で陽性となった場合はどうするか?

 中央流行疫情指揮センターは5月25日に、民衆が抗原検査キットを使用し、検査結果が陽性の場合、医療関係者による確認後に感染者と判断でると発表しました。
 抗原検査キットの結果が陽性でありますが、国民が医療スタッフと話し合った後も疑問がある場合、国民は近くのコミュニティベースの収集および検査センターに行って、確認のために再度PCRを行うことができます。
 また、中央流行疫情指揮センターは、国産の核酸検出製品(通称家庭用PCR検査)が厚生労働省食品医薬品局の認可を受けていることや、新たな定義について、6月22日の発表を補足しました。確定例:「承認された家庭用新型コロナウイルスを使用し、核酸検査試薬が陽性で、医師が確認した場合、診断と判断することもできます」。

zh038 1

無症候性および軽症の患者は在宅ケアモデルを採用できます。中等症および重症の患者は、隔離と治療によって強化されます。

在宅介護とは?

 在宅介護は、コロナの多数の感染者を緩和し、医療システムの崩壊を回避するという、中央流行疫情指揮センターの目標です。最近の感染者はほとんどが軽症で無症状の患者であることを考慮して、中央流行疫情指揮センターは4月8日に在宅介護の管理ガイドラインを発表します。 

  • 在宅介護の条件を満たした確定患者については、地方自治体が電子検疫通知を発行し、在宅で検疫できることを知らせます。
  • 隔離期間中は、電子フェンスが制御に使用され、追跡とケアのために双方向のテキストメッセージが追加されます。
  • 同時に、地方自治体は、健康診断、定期的なケアを提供し、抗原検査キットを送付します。必要に応じて、遠隔医療サービスと治療のためのフォローアップの手配も提供されます。

 感染者については、「重症例のクリア、軽症例の効果的な制御」、および「中等度/重症例」と「軽症または無症候例」のシャント戦略。重病患者のために医療の量を確保することができ、軽度または無症候性の患者は在宅介護モデルを採用して医療負担を軽減します。診断された患者は、在宅介護の条件を満たしているかどうか、および保健部門のガイドラインに従って、主に2つの方法で隔離されます。

在宅介護が受けられない方

  • 治療のために病院に転送。
    • 中等度/重度の患者 (WHO によるSARS-CoV-2 感染の関連する臨床症状に従って中等度以上に分類)。
    • 3ヶ月未満の乳児に熱がある場合。
    • その他の疾患をお持ちで、医師の判断により入院が必要な方。
  • 集中検疫所や防疫ホテルの強化。
    • 70歳以上の患者。
    • 65~69歳で一人暮らし。
    • 36週以上の妊娠。
    • 39度以上の高熱のある生後3~12ヶ月のお子様。

在宅介護の資格がある方

  • 在宅介護のための環境条件を満たす必要があります。
  • 無症候性または軽症。
    • 65歳以上69歳未満で一人暮らしの方。
    • 児童
    • 血液透析(腎臓透析)と診断された方は、保健局の計画に従って在宅介護を行い、指定された透析クリニックや病院で透析治療を受けることができます。
  • 在宅介護の条件に当てはまらないが在宅介護を希望する方は、医療関係者の判断を経て在宅介護モードに入る必要があります。
zh038 2

在宅介護のための家庭環境条件

感染者:

  • 1人1室(トイレ付独立室)を原則としておりますが、同住親族も感染者の場合は多人1室の利用も可能です。
  • また、バスルームを使用するたびに完全に洗浄および消毒できれば、専用バスルーム設備のない個室に隔離できます。
  • 確認された人は、7日間隔離され、その後7日間の自主健康管理が必要です。

感染者と同居しているが診断されていない人:

  • 在宅で同じ世帯の他の部屋で隔離する、クラスタリングのリスクを減らすために、同じ世帯の未診断の人の数は4人を超えてはなりません。
  • 同じ世帯に住んでおり、ワクチンを3回接種していない家族は、新しい3+4在宅隔離システムに従う必要があります。このシステムは、同じ世帯での最新の感染症例の日付から3日間隔離されます +自主防疫のための4日間。
  • 自粛期間中、外出が必要な場合は、抗原検査キットで陰性が出た上で、マスクを着用して、出勤し、日用品を購入する必要があります(学校はお勧めしません)。
zh038 3

子供の在宅介護中の特別な注意事項

感染者:

  • 症状の変化に注意し、喘鳴・呼吸困難、持続的な胸痛・胸の圧迫感、錯乱、皮膚・唇・爪床の青あざなどの症状があらわれた場合は、直ちに保健局の119番または1922番に通報してください。
  • その他の症状や医療相談が必要な場合は、モバイルアプリまたは電話専用回線を介して遠隔医療または在宅介護医療チームに連絡して評価してください。

感染者と同居しているが診断されていない人:

  • 発熱、咳、息切れなどのコロナ感染に関連する症状を監視します。
  • 自宅の部屋で一人にな​​り、バスルーム設備を共有しないようにし、部屋を出ないでください。浴室設備を共有する必要がある場合は、使用後に希釈した漂白剤またはアルコール水で清掃してください。
  • 換気を確保するために窓を開け、希釈した漂白剤またはアルコールで毎日掃除してください。
  • 感染者と一緒に住んでいる人の両方がマスクを着用する必要があります。
    • 感染者が部屋を出た場合は、トイレを使用するように依頼してください。
    • 介護が必要なため、同居者は感染者の部屋に入って必要がある場合、感染者の世話の前後に石鹸またはアルコールで手を洗う必要があります。

子供の在宅介護中の特別な注意事項

 感染者が子供である場合、保護者は子供の健康状態や症状の変化を常に観察し、子供を休ませて水分を多く摂取させ、医師の指示に従って薬を服用し、熱がある場合は解熱剤を服用する必要があります。次の警告サイン (医療警告サイン) が表示される場合: ビデオ診断と治療のために遠隔医療または在宅医療チームに連絡し、必要に応じて医師の指示に従って治療を受けるように手配する必要があります。

  1. 48時間以上の発熱、または悪寒/冷や汗を伴う39度以上の高熱。
  2. 熱が下がった後も持続する可動性の低下。
  3. 熱が下がった後も持続する息切れ/喘鳴または胸痛。
  4. 持続的な嘔吐、頭痛、または腹痛。
  5. 12時間以上絶食・排尿。

感染確認されたお子さんに次のような症状がある場合は、すぐに119番通報するか、緊急の場合は保護者や同居のご家族を医師の元へお連れします。

  • けいれん。
  • 意識が低い。
  • 呼吸困難または胸が凹みます。
  • 白または紫の唇になります。
  • 家庭に血中酸素飽和度が94%以下の酸素吸入器があれば。
  • 皮膚の斑点のある手足の冷えや冷や汗。
zh038 4
zh038 1 1

濃厚接触者の隔離解除の条件

 中央流行疫情指揮センターは5月17日に、医療資源を中等度および重度の患者の治療に集中させるために、隔離ではなく抗原検査キットの方針を実施すると発表しました。

  • ワクチンの追加接種(3回目接種)接種済みの方。
    • 在宅隔離は免除されるが、7日間の自主防疫に協力する必要がある。
    • 自粛期間中は、出勤や日用品の買い出しが必要な場合は、抗原検査キットを行い、結果が陰性の場合は外出を許可し、混雑した場所への出入りや不特定の人々との接触、または会食禁止。
  • ワクチンの追加接種(3回目接種)はまだ接種されていない方。
    • 3日間の在宅隔離+4日間の自主防疫
    • 検疫期間中は、リストが完成した時点で抗原検査キットが行われます。検疫期間中は、人々は家にいて外出を禁止され、期限が切れた後、4日間の自主防疫を受けます。
    • 4日の自主防疫期間中の規制は前項のとおりで、外出する必要がある場合は、外出前に抗原検査キットが必要です。結果は外出する前に陰性であり、仕事と日用品の買い物に限られます。
zh038 6

薬の処方プロセス

 中央流行疫情指揮センターは5月25日に、抗原検査キットが陽性であった後、医療関係者によって確認された後、感染確認者と判断できると発表しました。同時に、感染確認者にコロナ治療薬の発行プロセスを調整します。
 陽性反応が出た後は、医療機関で受診するか、遠隔医療(健康益友 Appや電話による遠隔医療)で受診し、適切な薬を処方され、服用することができます。医師の指示に従って薬を服用し、経過観察治療を行うことができます。

zh038 7

自己申告防疫システム

 コロナのアウトブレイクの状況を追跡するために、中央流行疫情指揮センターは以前、手動で電話調査を実施していました。しかし、流行調査業務には多くの人手が必要であり、流行が急速に広まった後、中央流行疫情指揮センターは5月1日に流行調査のための独立した報告システムを立ち上げました。
 感染が確認されると、携帯電話番号にテキストメッセージが送信されます。民衆は、ドア番号 0911514588 からテキストメッセージを受信し、システムに従って入力するだけです。詳細については、次の記事を参照してください。
続きを読む: [自己申告防疫システムまとめ] 記入方法!記入しないと罰金になりますか?

家庭用簡易抗原検査キットおよび濃厚接触者検疫申請証明書

 抗原検査キットで陽性となった者、及び濃濃厚接触者があり隔離が必要な人で、防疫補助金、休暇、保険金請求の申請に関連証明書の申請が必要な場合は、厚生省のデジタル認証プラットフォーム。

zh038 8

参考文献

朋友同事確診我該隔離嗎?快篩陽性怎麼辦?QA一次看
衛生福利部疾病管制署 – 新聞稿
PCR核酸檢測與快篩有什麼不同?一張圖教你用什麼方法檢驗新冠COVID-19
輕症居家照護 發病日10天後可解除隔離 | 中央社 CNA
快篩陽性怎麼辦? – CDC 整合資訊網​

Scroll to Top